General Incorporated Association International Medical Human Resources Aid

一般社団法人 国際医療人材支援協会

設立の趣旨

日本の医療・介護業界における人材不足は著しく、2025年には100万人が不足するとさえ言われています。政府もEPA制度の継続、日本における就労要件の緩和、技能実習制度の拡大などを通じて対策に取り組んでいますが、人材不足の解消にはまだまだ程遠いのが実状です。

私共は、日本での就労を希望する外国人人材の教育・支援を通じて、こうした日本の医療・介護分野の就労環境の改善・発展、及び国際人材交流の推進に貢献できればと考え、一般社団法人 国際医療人材支援協会を設立いたしました。

お知らせ

▲ このページのTOPへ