General Incorporated Association International Medical Human Resources Aid

一般社団法人 国際医療人材支援協会

当法人は、海外の医療・介護人材の育成支援、国際人材交流を推進し、日本と海外の医療・介護業界の発展、向上に貢献します。

ご挨拶

日本の医療・介護業界における人材不足は深刻となっており、2025年には看護職で最大27万人、介護職で38万人とも言われております。政府もEPA制度の導入、日本における就労要件の緩和、技能実習制度の拡大などを通じて対策に取り組んでいますが、人材不足の解消にはまだまだ程遠いのが実状です。

私共は今まで培ってきたアジア各国とのネットワーク、および人材育成のノウハウを使って、こうした状況の改善、国際人材交流の促進、及び日本の医療環境の向上に純粋に貢献できないかと考え、一般社団法人国際医療人材支援協会を設立いたしました。
韓国・中国を中心とした東アジア、ならびに東南アジア各国の大学関係、医療関係の方々と日本の医療・介護関連機関つなぐプログラムを提供させていただいております。

今後も海外医療・介護人材の育成、国際人材交流を推進し、双方に感謝される法人を目指して努力していきたいと考えています。皆様のご協力、ご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

理事長 行平 澄子

▲ このページのTOPへ